小学校サマースクールで魔法の質問講座

今年も、大田区内の小学校4校のサマースクールで、魔法の質問講座を開催しました。

 

学校数は同じ4校ですが、子ども向け「なりたい自分になる魔法の質問」だけでなく、保護者向け「子どものやる気を引き出す魔法の質問」も同時に隣の教室で開催する内容で、計8講座の企画をしました。

子どもと保護者が、同じことを学ぶことで、家庭でも共通の話題や視点を持つことができ、親子のコミュニケーションに大きな効果があると思います。

 

7月26日 東糀谷小学校

7月29日 蒲田小学校

8月2日 久原小学校

8月8日 糀谷小学校

以上の4校で、児童計85名、保護者42名の方に、受講していただくことが出来ました。

 

「魔法の質問」は、「答えは全部まる◎」と考えます。

欠けているところも含めて、その子の、ご自分の「ありのままでまる◎」と受け止めていただけるとうれしいです。

 

※受講者の感想

◎生徒

✴︎夢が増えたと思う。自信をもてた。夏休みにひさしぶりに会ったなという子とまた仲よくなれてうれしかったしたのしくて、来てよかったなと感じた。(10才女の子)

✴︎獣医に向かってもっとがんばりたいと思えた。新しい夢が 次々でてきて自分でもびっくりした。ウラに「なんでも叶うとしたら…」というもので、45個もあったからもっとびっくりした。知らない友達の夢も聞いてみたい。(10才女の子)

✴︎はたちになってやってみたいことがふえた。(8才男の子)

✴︎いままで考えたことのないことを考えることができていい経験ができた。(11才男の子)

✴︎きょうはたのしくていろんなことをまなびました。(6才女の子)

✴︎みらいしつもんがたのしかったです。みらいしつもんでこたえたことがほんとうにかなうといいです。たのしくまほうのしつもんができました。(8才女の子)

✴︎新しい友達や、自分を見つけることができた。自分が20才の大人になったとき、今やっていることが生かせるようにして、少し自分の将来などに近づけたりできたらいいと思った。(11才女の子)

✴︎大きくなったらイラストレーターになります。そのためにえを上手にかくことをします。(9才女の子)

✴︎初めて会った人と話せた。となりの人と同じところがたくさんあった。ペアの人と誕生日が1日違いでびっくりしたし、意外な事がわかった。(12才女の子 )

✴︎自分のしょう来がたくさんしれて楽しかったです。こんどの夏やすみもこのサマースクールを出してください。(8才女の子)

✴︎知っている子や、知らない子とかと質問したり答えたりしてとてもたのしかったです。最初はうまく相手に伝えられなかったけど、話していくうちに、私と 一緒の趣味の子やちがう子たちと話すことが出来ました。私は今がんばりたいことを、将来につなげていけるようにがんばりたいです。(11才女の子)

✴︎初めてあった友達とお話をしたり、自分と同じことを友達と見つけ合って知らない人に話しかける勇気がでた。今、叶えたいことがどのくらいあるかなどの自分のことが分かった。(10才女の子)

✴︎おかしいことばがたくさん(6才女の子)

✴︎分からないところをやさしく先生がおしえてくれてありがとうございました。おかげでなりたい自分をみつけることができました。(9才男の子)

 

◎保護者

✴︎自分も人間でいいんだと思い、ホッとしました

✴︎自分のことをこんなに深く考えるとは思ってませんでした。潜在的な意識を言葉や文字にすることで、今後のイメージが広がりました

✴︎質問力は大事だなと思いました。答えをうけとめてあげられたら、もっと子供の笑顔が見れると思いました。

✴︎いろいろな対話や発表をおりまぜ、ここち良い体験・体感を通して、お互いに気持ち良いコミュニケーションの方法を教わり、ぜひ実際に家庭で実践してみようという気持ちになりました。

✴︎子どもへの関わり方・しつもんの仕方のコツだけでなく、親である私たちが「個」としてどう輝くのか~自分自身を満たすことが、子どもや家族のやる気を引き出す原動力になることを知ることが出来ました。

✴︎子ども自身に考えさせる言葉の大切さ、つい、親が答えを用意してしまいたくなるんですが、それでは何もならないということを改めて知り、きょう以降の生活に役立てたいと思いました。

✴︎目標を持つこと、自分の気もちを大切にすることで、変わっていくことが出来そうで、とても気持ちが楽になった。

✴︎「HOW」という考え方が重要。こちら側の精神状態で、相手への態度も変化するので、自己肯定感は親にも不足していたことに気づきました。

✴︎私もよく「なんで?」ということが多く、子どもに「今からやろうとしてたのに」と言われれることが多かったです。今日から「どのようにすれば?」と言ってみたいと思います。

 

受講して下さった皆さま、ありがとうございました。

トップページへ戻る